ホーム > 関節痛 > 関節痛はなぜ起こるのか

関節痛はなぜ起こるのか

40歳を過ぎたら関節痛で悩む人は多いと思います。特に膝関節が痛くなる人が多く若い時にスポーツなどで膝を酷使してきた人に多くみられる症状です。肥満などで膝関節に負担がかかり膝を悪くする人も多く減量して膝の痛みが消えた人もいます。関節痛の多くは痛い関節の負担を減らすことによって軽減されることが多いのです。膝が悪いのに無理にランニングなどをして悪化させてしまう人が多く膝関節に負担がかからない土の上を歩く方法がいいと思います。アスファルトの上を歩くのは関節に負担がかかり悪化の原因になります。プロスポーツ選手には関節痛で悩む人が多いのですがやはり関節を酷使した結果だと思います。欧米人は関節痛で悩む人は少なく食文化の違いがあるといわれています。私も足首の関節が痛くいろいろな方法を試してみました。サプリメントで効果があったのはコンドロイチンです。コンドロイチンを飲んでみて関節の痛みは軽減されました。効果的な方法は痛い関節を休ませることサプリメントで栄養を補うことだと思います。

美健知箋の評判・口コミ!効果、副作用、成分は?